2016年11月18日

アメリカ本土上陸_02_入国の時

その1はこちらから


ちょっと時間を戻しまして、サンフランシスコ空港に着いた時のお話。


アメリカでは、APC(Automated Passport Control)という機械で入国審査ができる
空港が増えているそうです。

その機械を Kiosk というそうで、、、
ドイツ人からしたら、Kioskは売店だろう!?と言いたくなりそうですね(^_^;)


http://eigo411.jpn.org/archives/737
私が参考にしたのはこのページ。

なんせ、入国審査のエリアは撮影禁止ですから、写真が無いんですね〜。


条件は、

・90日以内の観光・ビジネス旅行目的の日本人を含む短期滞在者
・ESTA (Electronic System for Travel Authorization) の承認を受けている人
・2008年以降、アメリカに1度でも渡航したことがある人


私、二年前にハワイに行ってるので、該当するじゃないですか〜!!
しかもこの機械、日本語が選べるそうですよ!


さっそく、「KIOSK」と書いているレーンへ。

機械は、10台ほど並んでいて、使っている人が二人だけ!

いざ、パスポートをスキャン!!



「このパスポートは使えません」



なぜーーーー!?




何度スキャンしてもダメなので、トボトボと税関申告の記入台へ、、、


すれ違った、ツアコンらしき日本の方に、あらあらという顔をされました(^_^;)




そんなこんなで、一緒の飛行機だったであろう日本人は全員入国してしまい、列には日本人じゃない方ばかり。


あと10人ほどしか並んでないのに、なかなか順番が回ってこない。
よく見たら、日本人じゃない方々めちゃめちゃ質問されてる!


英語が話せないご夫婦に、入国審査官が、後ろに並んでる若い子を呼びつけて通訳させてる!


ヤバイ!私、そんなに英語話せない、、、


どうしよう、別室に連れて行かれたら




順番が回って、パスポートを提出


審査官「タムラサン!カンコウ デスカ?」

に、日本語!?


審査官「イッシュウカン?」

いえ、五日です。


審査官「ソウ、ヨイタビヲ!」

あ、ありがとうございます(^_^;)


審査官「指紋取るから手出して〜」


30秒で終わりました。

日本人で良かったと思う瞬間です(笑)。






空港からダウンタウンまでは、BARTという電車で行きました。


乗り場
s-011.jpg


ここでも、調べてきたのと食い違いが!!



支払は全部カードにしようと思って、$22.00しか持ってきていないんです。


でもBARTはカードが使えるので、安心!と思っていたら、なんか知らんけど使えない〜〜〜。


$8.95だから、現金使うか〜と思って、20ドル紙幣入れたら戻ってくる!


OH!NO!空港から出られない(>_<)



同じように買い方が分からなかった、アメリカ人だけどよそから来た旅行客の親子と一緒に困ってたんですが、その人たちは買えました。

なぜーーー!?と困っていたら、「あそこに両替機があるからそれで変えたら買えるよ、たぶん。」と教えてくれました。


20ドル札入れたら、全部5ドルに両替。

5ドル札だと買えました!

s-012.jpg


なんでやねん!それくらいおつり入れとけや!
半分逆切れ(笑)。



苦労して買った切符
s-013.jpg

s-014.jpg



こんな駅
s-015.jpg




Powell St.で降りたら、さっき助けてくれた親子もここで降りたみたい。

よほど私が心配ならしく、ホテルの道のり調べようかと言ってくれました(^_^;)

が、スマホがあるから大丈夫とお礼を言ってお別れしました〜。


駅を上がった所
s-019.jpg



あ〜大変だった。

けど、みんなゆっくり話してくれるから、言ってる事わかるわ〜。




その3はこちら
posted by やすこ | Comment(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: