2016年11月26日

アメリカ本土上陸_05_ナパバレー1

その1はこちらから



この日から同室のお友達とお昼間は別行動。
シリコンバレーで働いているお友達に、いろいろ案内してもらいます!

こちらの車で移動。
s-400.jpg



一応、国際免許申請して持って行ったけど、運転させてもらえませんでした(^_^;)

ちゅうか、こんなデカイ車、日本でもムリ(笑)。




今日は北へ1時間ほど走ったところにあるナパバレーへ。

まずはKENZO ESTATE

s-228.jpg




門が閉まっています。
s-229.jpg



予約の名前をインターフォンで告げると自動で開きました!!!
s-232.jpg




めちゃめちゃ広いんですけど!!!
s-234.jpg



5分近く走った?
やっとテイスティングルームに到着
s-235.jpg




KENZO ESTATE とは、
株式会社カプコン代表取締役の辻本憲三氏が作ったワイナリー。


今日は、ツアーと試飲とサンドイッチを申し込んでもらっていました。



まずは、試飲一つ目「あさつゆ」
s-241.jpg

このワイナリーで唯一の白です。




ここのツアーは日本語で説明してくれるので、嬉しい!



このワイナリーは約500万坪、中野区と同じくらいの広さ。

なのですが、

ぶどう栽培に使われているのは、敷地のたった3%!!!



そうすることで、道路からの排気ガスなどからぶどうが守られるとか!



手前には、説明用にいろんな種類の葡萄が植えられています。
s-242.jpg

s-243.jpg

s-248.jpg




他は、ぶどうの種類ごとに植えられています。
s-246.jpg


s-247.jpg



最初に三年かけてぶどうを作り、ワインを作ったんだけど、思ったものにならなかったそうで。
そこでKENZOさん、栽培家のデイヴィッド・アブリュー氏に依頼。
この方一切妥協をしない方らしく、参加する条件として、すべての樹を引き抜き、ゼロからつくり直したそうな!


まっすぐ一直線のぶどうたち!
s-244.jpg




先月、ぶどうは収穫したのですが、このぶどうたち、皮も種もたべられるんですって。

残ってたのを取って食べてみました。
s-250.jpg


ホント、種も食べられる!




こちら、樹齢100年のオリーブの木
s-255.jpg

別の場所から移植したそうです。



醸造施設
s-256.jpg

醸造家ハイディ・バレット氏が手がけているそうです。

ここへはヘリでやってくるらしい!

私も通勤にヘリ使いたい(笑)。




これは天然の冷蔵庫ケイブ
s-257.jpg


自然の冷気でワインの熟成を見守る洞窟だそうです。
s-258.jpg


涼しかった!
s-265.jpg




今日はお天気が良いので、外で試飲!
s-238.jpg


残りの3杯
紫鈴 rindo
紫 murasaki
藍 ai
s-273.jpg



そしてブション特製ハムチーズサンド
s-275.jpg


とっても美味しいサンドイッチでした。



なんでも、近くにある「ブション」というパン屋さんにお願いして作ってもらっているそうですが、人気のパン屋で朝はいつも並んでいるとか!




うふふふ
s-274.jpg





お手洗いもこっそり撮ってみた(笑)。
s-276.jpg



帰りも自動で門が開きました!
s-282.jpg


次はオーパス・ワンへ!




そのは6こちら
posted by やすこ | Comment(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: